白ブラウスレディースファッションに合わせたいパンツまとめ!

Sponsored Link

こんにちは、SaraNuTです♪
東京の冬は気温差がありますが、
みなさんは元気に過ごされていますか??

 

そして今回のテーマも、
一足早めの白ブラウス×パンツの春コーデ、
気分から暖かくなって頂けたら嬉しいです!

 

白ブラウスとパンツの相性は良いですが、
オフィスカジュアルのイメージも強いですよね??

 

今回は休日コーデをメインにガーリーでも
少しメンズライクな「辛」要素を取り入れた(笑)
○○MIXコーデをご紹介していきます♪♪

 
Sponsored Link
 

白ブラウスレディースファッションに合わせたいパンツまとめ!

 

王道のデニムコーデでモードMIX

1王道のデニムコー
引用元 mery.jp

 

デニムを合わせてカジュアル感をだした
コーディネイト。

 

エナメル素材のローファーでモード感も
ありますよね♪

 

ロングシャツはそこまで流行り廃りのある
アイテムではないですが、今年はじわじわと
きてますよ(笑)

 

春夏の新作として様々なブランドで
リリースしているのを多く見かけます。

 

落ち着いた雰囲気があるので、
子供っぽくなりませんよね。

 

リラックスコーデとしては
着回しアイテムとして重宝しますよ!

 

デニムを合わせて、カジュアル感をプラス。
ロールアップをすることによって季節感を
楽しめますよね♪

 

ロングシャツなので、全身のバランスを考え、
スキニーデニムなどの細身のデニムがGOOD◎

 

ソックス×ローファーがモード感を演出。
硬派な印象になりますよね!

 

洋服のコーディネイトがラフな印象が強い
ので、ローファーをエナメル素材にして
素材感を入れているのがお洒落です!

 

女性らしさの引立て役としては大振りの
ネックレスがアクセントになっています◎

 

薄着になる季節だからこそアクセ使いも
キーワードになってきますよね♪

 

ギンガムチェックでガーリーに

2ギンガムチェッ
引用元 instaff.blog92.fc2.com

 

柄パンツで「ちょい辛ガーリー」(笑)な
コーディネイト。


Sponsored Link

 

柄が苦手な方にも取り入れやすい
ギンガムチェックのパンツ。

 

季節問わず着られるところも良いですよね◎

 

シャツをタックインしてモード感をプラス。

 

女性らしいシルエットも出つつ、
少しメンズライクなところが「ちょい辛」要素です(笑)

 

さり気なく、タッセルシューズを
合わせてるところもGOOD◎

 

シューズをホワイトにすると
清涼感が増しますよね♪

 

そして今回のポイントは
カーディガンにあります!

 

こちらのカーデがないと大分印象も
変わってきますよ!!

 

ブラウス×パンツ×シューズが
白黒のみのコーデ。

 

野暮ったくならないように、
ガーリーさを出す為に、
カーディガンにピンクをチョイス。

 

暖かくなる時期は鮮やかな色味を
プラスしていきたいですよね。

 

そしてカーデにプラスで他の色味をプラス
しても可愛いですが、今回はクラッチバッグ
も白にして、大人ガーリーの印象を強めに。

 

大人ガーリーを目指すのであれば、
コーディネイトの色をある程度まとめる
ことが重要かもしれませんね。

 

好きなカラーパンツで楽しくコーデ♪

3好きなカラーパンツで楽
引用元 www.pal-blog.jp

 

カラーパンツで季節感を出したコーディネイト。
サファリテイストが甘辛MIXを演出。

 

カラーパンツがピンクなので
ガーリーテイストもしっかり出ていますよね♪

 

2015年のトレンドカラーは
ストロベリーアイスやルシートグリーン、
アクアマリン、マルサラなど…

 

トレンド感を出すのであればぜひ試してみてくださいね◎

 

白ブラウスであれば基本的には
合わせやすいので取り入れやすいですよね♪

 

そして王道の春アウター、
トレンチコートで上品さも出ています!
白ブラウスとの相性もバッチリです。

 

シューズとバッグはサファリテイストな
アイテムをオン。

 

今年の春夏はサファリテイストも流行りますよ。

 

トレンチコートとフラットシューズは
季節感も演出してくれますし、何より
雰囲気が出ますよね◎

 

そして何より歩きやすいので、
お洒落したいけどアクティブな日には
すごくオススメです♪♪

 

まとめ

○○MIXコーデはいかがでしたか??

 

普段はスカートの多い方でも
ガーリーメインのコーデではあるので、
参考にして頂けたら嬉しいです♪

Sponsored Link

このページの先頭へ