男子が女子に着て欲しいアウター!モテコーデまとめ!

Sponsored Link

今年は色んなアウターが
トレンドになっていて、
何を買ったらいいか分からない。

 

どのアウターが男子ウケするのか分からず、
まだ今年アウターを変えていない。

 

なんて人、いませんか?

 

冬のデートコーデにはアウターが必需品。

 

どうせ買うなら彼氏に気にいってもらえる物
を選びたいですよね。

 

そこで今回は、男子が女子に着て欲しい
アウターのモテコーデをご紹介。

 

男子の好みも様々なので、
好み別にご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

 
Sponsored Link
 

 

男子が女子に着て欲しいアウター!モテコーデまとめ!

 

チェスターコート×ゆるニット×ダメージデニムコーデ

1・チェスターコート×ゆるニット×ダメージデニムコーデ

引用元:http://wear.jp/sanki0102/coordinate/5409795/

 

トレンドをしっかりおさえたオシャレ女子が
好きな男子ウケするコートを選ぶには、
チェスターコートを選ぶのが正解。

 

しかもロング丈で色はキャメルのコートが
トレンドど真ん中。

 

チェスターコートは体にフィットする
シルエットではなく、ゆったりと着るコートです。

 

なので、インナーをIラインにまとめて
あげると、コートを脱いだ時にメリハリが
うまれて、キレイにまとまります。

 

そこでオススメなのが、
シンプルなニットとダメージデニムの
コーデ。

 

ニットは女性らしくキレイに鎖骨見せが
出来るタイプの物を選んで。

 

ヒザ周りが大胆にダメージが施されたデニム
がトレンドなので、シンプルニットを
合わせたらちょうどいいバランスに。

 

キレイめなチェスターコートにあえて
ハードな印象のダメージデニムを合わせる
のがオシャレなポイント。

 

女性らしく高いヒールのパンプスを履けば、
シンプルだけどしっかりとトレンドを
おさえたモテコーデの完成です。

 

ガウンコート×タートルニット×ワイドパンツコーデ

2・ガウンコート×タートルニット×ワイドパンツコーデ


Sponsored Link

引用元:http://wear.jp/ropepicnic_wear020/coordinate/5160948/

 

キレイなお姉さんタイプが好きな男子に
ウケるコートを選ぶなら、やっぱり今年は
ガウンコートがオススメ。

 

少しオーバーサイズの物をラフに着こなして。

 

色はベージュがマスト。

 

インナーは黒のタートルにツイードの
ワイドパンツといったモノトーンコーデに
まとめると、ボリュームのあるガウンコートでも、すっきりまとまって見えます。

 

かっちりバッグと高ヒールの靴を履いて、
風を切る様にさっそうと歩いていると、
通勤途中の男子の視線をひとりじめ出来るかも!

 

上司ウケするコーディネートでもあるので、
通勤コーデとしてオススメです。

 

ダッフルコート×ニットワンピコーデ

3・ダッフルコート×ニットワンピコーデ

引用元:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.runway-ch.com/entry/213/0/312130_2014-56-02-07-56-02-040_576.jpg

 

女の子らしい可愛いコーデが好きな男子に
ウケるコートを選ぶなら、やっぱりロングの
ダッフルコートが一番。

 

男子が女子に冬に着て欲しいカラーは白。

 

毎年不動の1位のカラーです。

 

なので、もちろんコートで選ぶカラーも白がベスト!

 

ロングのダッフルコートは色・デザイン共に
愛されコート。

 

しかもボリュームファーのついたフードが
ポイント大。

 

小顔効果も期待出来ます。

 

合わせるインナーはトレンドの
タートルニットワンピをチョイスして。

 

ワンピも白を選んで、
とことん愛されコーデに仕上げて。

 

ブーツやバッグは茶系がマスト。

 

黒などダークなカラーを合わせると、
せっかくの可愛い印象が台無しになるので、
注意して。

 

女の子らしさ全開で男子ウケを狙って!

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

悩んで今年コートを変えずにいるアナタ。

 

狙う男子や彼氏の好みに合わせてコートを
選んでみてはいかがですか。

 

きっと気に入ってくれると思いますよ。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
大学生デートに何着ていく?秋のモテファッションまとめ!
キャメルのダッフルコート冬コーデ!ガーリーな着こなし!
白のダッフルコート冬コーデ!ガーリーな着こなしのコツ!

Sponsored Link

このページの先頭へ