デートの服装でガウチョを履くなら気を付けたいポイント!

Sponsored Link

2015年トレンドとして流行したアイテムの
1つにガウチョパンツがありますよね。

 

大人可愛いファッションをお手軽に
作れるし、履いているだけでおしゃれに
見えるかも♪

 

今後も流行としてはしばらく継続しそうな
アイテムですよね。

 

でも、男性からの評価はいまひとつ。

 

女性と男性では、ファッションの感性も
違うので、女目線の可愛い!も、
わかってもらえないこともありますよね。

 

今回はデートにもぴったりの着こなし
ポイントをいくつか紹介したいと思います。

 
Sponsored Link
 


デートの服装でガウチョを履くなら気を付けたいポイント!

 

ウエストはインして、スタイルアップ効果を♪

1.ウエストはインして、スタイルアップ効果を♪
引用元:http://pretty-fashion.net/good-3-635

 

オーバーサイズなので、サイズを
選び間違えるとスタイルが悪く見えてしまう
ガウチョパンツ。

 

トレンドとはいえ、なかなか着こなしが
難しいですよね。

 

着こなし方によっては身長が低く見えて
しまったり、足が短く見えてしまったりする
ので、履きこなし方には注意が必要です。

 

まずはウエストはインして、フィット感を
出します。

 

腰の位置を高くすることで。

 

足長効果が出ますね。

 

ゆるすぎるシルエットは、男性から敬遠
されてしまうものなので、

 

トップスにはコンパクトなものを選び、
シルエットにメリハリを付けた着こなしを
しましょう。

 

また、くつ下にスニーカーだと
カジュアルダウンしすぎるので、
足首は見えるようにして、抜け感を演出。

 

トップスはレディライクなものを選ぶと、
デートにはぴったりの着こなしに
なりますね。

 

まとめ

・身長が低い方は、丈が短すぎないものを選んでスタイルアップに。
ストライプ柄や濃いカラーを選んで、縦ラインを意識し、縦長効果を取り入れる。

 

きちんとコーデでフォーマル大人コーデに♪

2.きちんとコーデでフォーマル大人コーデに♪
引用元:http://im.uniqlo.com/


Sponsored Link

 

ガウチョパンツも、物によってはカジュアル
になり過ぎたりして、デートの場所に
よってはちぐはぐ感が出てしまうことも。

 

きちんとセンタープレスされているような
かちっとしたきれいめパンツを選べば、
きちんとした印象になりますね。

 

また、ガウチョパンツにはシャツもばっちり
マッチします。

 

少しフォーマルな場所でのデートや、
仕事にも着ていけそうですね。

 

まとめ

・足元はヌーディーカラーのキレイ目サンダルやパンプスをチョイスして大人っぽく。

 

ディティールや素材にこだわってガーリースタイルを追求♪

3.ディティールや素材にこだわってガーリースタイルを追求♪
引用元:https://sumally.com/p/1800138

 

デートにぴったりのガーリーカジュアル
スタイルにするのであれば、素材や
ディティールにこだわったものを選びましょう。

 

ウエストにリボンのついたものや、
プリーツ加工の施されたフェミニンなもの、
涼しげにふわっと揺れる、

 

やわらかな素材のものをチョイスすれば
ガーリーなアイテムとも相性抜群。

 

少し裾広がりのものをチョイスして、
なんちゃってスカート風にするのも◎。

 

デートにもぴったりなコーデができますよ。

 

まとめ

・パンツの丈は長すぎないものを選んで、バランスを重視しましょう。
・リボン付きのデザインや、プリーツなど凝ったデザインの時は、 トップスに無地を選ぶなど、ガチャガチャしないように注意。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

ガウチョパンツは個性が強いアイテムでも
あります。

 

全体的にゆるすぎるシルエットだと、
男性には敬遠されてしまうこともあるかも
しれません。

 

程よくフィット感のあるシルエットを
目指しましょう。

 

女の子らしい可愛さも出しつつ、
トレンドも取り入れて、
デートにも履きこなしていきたいですね。

 

ポイントはパンツの丈感とシルエットの
バランス。

 

ほんの少しの工夫で、
女の子らしいデートスタイルは作れるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
デート服装!ぺたんこ靴で可愛くコーデするコツ!
デートの服装!ワンパターンにならないコーデのポイント!
ディズニーデート6月の服装!雨対策もばっちりコーデ!

Sponsored Link

このページの先頭へ